2019年11月23日
  • 「ノーザンハートきたまち発展会」の公式ウェブサイトです。

空から見た歴史

空から見たノーザンハートの歴史

昭和30年(1955年)頃

富士重工業大宮製作所ではオートバイ、農業用発動機、チェーンソーなどを製造していました。
航空

~平成10年(1998年)

富士重工業の汎用エンジン製造工場や自動車部品倉庫等がありました。

平成11年(1999年)

富士重工業の大煙突も解体され、ほぼ更地となった状態です。

平成18年(2006年)

現在北区役所やプラザノースのある場所はまだ更地で、現在島忠ホームズ宮原店がある場所に仮設の北区役所等がありました。

平成28年(2016年)

ほぼ“きたまち”の姿が出来あがりました。写真で空き地となっているプラザノース北側(上側)では、平成30年(2018年)9月現在、さいたま北部医療センターが建設中です。